全日本同和会は、同和問題の早期完全解決に取り組む団体です。

【東京都連合会】活動報告

【東京都連合会】活動報告

平成30年9月11日 「平成30年度 第2回 理事会」開催

 平成30年9月11日、中野区の中野サンプラザにて、「全日本同和会東京都連合会 平成30年度 第2回 理事会」が開催されました。  冒頭、藤吉邦通会長は、「全国大会や各研修会で松尾全国会長や各県連会長と会談する機会が増え、人と対面して接することでその人の人柄や思っていることが理解できることの大切さを、改めて実感しました。理事の皆様も、積極的に人と接する事に努め、運動に活かして下さい」と挨拶しました。
 議事に先立ち、都連旗・日章旗・式典用胸花の製作・購入を報告、都連旗が披露されました。
 高久毅理事を議長に、議事録署名人に田中勇理事を、書記に北島直樹理事を据え、議事を進行しました。
 第一号議案では、平成30年度上期活動を中村唱一事務局長が報告しました。また、都連理事に就任した杉崎由夜氏より就任の挨拶があり、上期の行事報告・人事が満場一致で承認されました。
 第二号議案では、9月14日に開催される関東東北連合会研修大会について、五十嵐一弘会長代行より対応案が示され、動員数の確認、各役割分担担当者の発表がなされました。これに対し、都連として最大限の協力をするとともに、動員の達成を確認しました。
 第三号議案では、10月18日に開催される全国女性部研修会について、武藤貴弘副会長より対応案が示され、女性部員の優先参加、現地での役割分担等を確認しました。
 議事後、事務局より11月1日に開催される近畿地区連合会研修大会開催の案内、野田聖子衆議院議員の書籍購入の報告がなされました。また五十嵐会長代行により、9月6日に行われた九州連合会研修大会視察の報告がなされました。畠山勝彦副会長からは、8月8日に東京都人権部石橋和実同和調整担当課長と会談し、人権プラザの有効活用について話し合ったことが報告されました。更に古賀恒樹副会長より、新宿支部の拡張と地域との密接な関わりの具体例が発表され、今後行政への積極的な働きかけをしていくことが報告されました。最後に小舟日出雄理事より、自民党総裁選挙への対応質問があり、総裁選投票には自己判断で対応することが確認されました。
 報告及び質問終了後、関東東北連合会研修大会の準備を兼ねて部門ごとの会議が行われ、理事会は閉会しました。