全日本同和会は、同和問題の早期完全解決に取り組む団体です。

【全国・関東東北ブロック】活動報告

【全国・関東東北ブロック】活動報告

平成31年2月20日「平成30年度 全日本同和会 千葉県連合会 臨時大会」開催

 平成31年2月20日、千葉市のTKPガーデンシティ千葉にて、「平成30年度 全日本同和会 千葉県連合会 臨時大会」が開催されました。
 多数の来賓、全日本同和会関東東北連合会各都県連会長や役員、千葉県連会員など約150名以上が参集、東京都連合会からは、藤吉邦通会長はじめ31名が出席しました。
 鵜沢実青年部長が、「本日は新しい千葉県連の出発となります。千葉県連一同強く団結し、これまで以上に同和運動に力を注ぎ、全日本同和会に千葉県連ありと、全国に誇れる力をつけてゆきたい」と、力強く開会の辞を宣言しました。大会会長挨拶で海江田準一千葉県連合会会長から、「全日本同和会がこれまで積み重ねてきた数多くの運動の成果を無駄にすることなく、さらに前に進んだ運動を全国で展開していく中、全日本同和会関東東北連合会山本会長はじめ関東各都県連会長の激励、全日本同和会本部指導の下、千葉県連会長として組織をまとめることとなりました。松尾全国会長からは、臆することなく運動に邁進し、着実な成果を上げるよう頑張って欲しいと、身に余る激励を受けました。今後、諸先輩方の御指導を受けながら、同和問題解決のために全力を傾ける覚悟です」と、就任の挨拶がなされました。
 来賓紹介、祝電披露の後、新生千葉県連へ向け、関東東北連合会各都県連の会長より講話がなされた。その中で藤吉邦通東京都連会長は、二年前に都連が組織変更をした際と同じ様相を呈していることから、この二年間の活動例を挙げるとともに、都連での組織作りや指示系統の実例を紹介しました。そして、これからの千葉県連の事業計画や行動計画に対し東京都連は全面的に協力をしてゆくので、全国の組織の中で、また関東東北ブロックの一員として、お互いに頑張って活動してゆきましょうと、エールを送りました。
 重点努力目標発表の後、新執行部、新役員が発表され、宣言、決議の後、倉持達也事務局長が「千葉県連合会は、海江田準一会長を中心に団結を強め、組織の充実と運動の強化を進めて参ります。そして歴史ある同和運動の一員としての決意と自覚を一層高め、同和問題完全解決を目指し、努力を続けて参ります」と閉会の辞を述べ、万歳三唱をもって、臨時大会は盛況裡に閉会しました。

開会の挨拶をする鵜沢稔千葉県連青年部長

海江田準一 千葉県連合会会長

講話をする藤吉邦通東京都連合会会長

役員発表をする倉持達也千葉県連事務局長

会場となった「TKPガーデンシティ千葉」

会場となった「TKPガーデンシティ千葉」2