全日本同和会は、同和問題の早期完全解決に取り組む団体です。

【東京都連合会】活動報告

【東京都連合会】活動報告

平成30年3月20日「東京都人権プラザ」訪問

 2018年3月20日、都連五十嵐一弘会長代行、畠山勝彦副会長、舩渡和明常任理事が東京都人権プラザを訪問、公益財団法人東京都人権啓発センターの西浜敦彦事務局長と林勝一専門員に「東京あけぼの3月号」発行を報告しました。
 今後も様々な人権問題が渦巻く東京で、同和問題についてこれまで以上に積極的な議論を行えるよう要望しました。
 その後、施設内を視察させていただきました。施設は、「展示」「体験」をキーワードとし、人権について子どもから大人まで「気づき」「理解し」「体験し」「交流する」ことが勉強出来るつくりとなっており、明るくオープンな空間が困難な問題にも前向きに取り組める雰囲気を醸し出していました。また、人権に関する図書やDVD、ビデオの貸し出しも行っており、その利用価値は大変高いことが伺えました。

東京都人権プラザ

常設展示室/ 明るくて広い展示室には、さまざまな人権課題が提起されている

常設展示室/ インターネットについて、児童でも理解できるよう解説されている

企画展示室/ 訪問時は「読む人権 じんけんのほん 2017-2018」展が開催されていた

企画展示室/ 人権に関わる書籍を集めた企画展も、今回で7回目

二階図書資料室/図書・映像の閲覧や視聴のためのスペースも十分に確保されている

資料を手に取る五十嵐一弘都連会長代行(写真:右)と、畠山勝彦都連副会長