全日本同和会は、同和問題の早期完全解決に取り組む団体です。

【東京都連合会】活動報告

【東京都連合会】活動報告

平成30年7月3日 「平成30年度 第1回 常任理事会」開催

 平成30年7月3日、中野区の中野サンプラザにて、「全日本同和会東京都連合会 平成30年度 第1回 常任理事会」が開催されました。
 冒頭、藤吉邦通会長は、「暑い中ご苦労様です。本日は、運動をしてゆく上で、皆さんから出されるさまざまな意見や要望を、良い方向に発展させられるよう活発な議論を行いましょう」と挨拶しました。
 議事に入る前に事務局より、東京都人権プラザへの対応経過報告、機関紙「東京あけぼの」の収支報告がなされました。また、9月に九州連合会研修大会が開催されることについての発表がありました。
 まず人事案として、杉崎由夜会員の理事推薦、角田滝広理事の退任、台東支部の廃止が発表され、それぞれ満場一致で了承されました。席上、新理事に就任した杉崎由夜氏が積極的に運動に邁進する事を誓いました。
 次いで自由民主党福祉支部への参画について話し合われ、活発な議論が行われた後、今後も継続的に検討してゆくこととなりました。
 続いて、7月10日に開催される全国青年部研修会の参加者確認、諸連絡がなされ、その後、6月14日に行われた関東東北連合会常任理事会で決定された動員数、都連の役割分担が発表され、講演者の選定などについて報告がなされました。
 また、現在都連の同和会旗が無いため、作成することが承認されました。
 終わりに、都連理事が行政や企業を訪問する際に、都連オリジナルのハンドブックを作成してみてはどうかとの提案があり、今後前向きに検討してゆくとのことで全ての議事を終え、常任理事会は閉会しました。

平成30年度 第1回 常任理事会